誰も教えてくれない夜のお仕事の秘密


学生の時に

学生と言えども日中は講義に出席したりレポート作成などに追われて時が過ぎていくのでアルバイトを入れる時間が確保できませんでした。しかし、学生生活を続けるためにはテキスト代などが必要なので、夜の数時間を利用してキャバクラで働くことに決めたのです。面接が行われたのは開店前の店内であり、店長さんと静かな空間でお話し無事に働かせてもらうことができました。面接においては念入りに年齢が確認されたり、かつてキャバクラの求人に応募したことがあるのかといったことが尋ねられました。実際にバイトとして面接を受けて働いた身からすると、今後キャバクラで働いていく上で不安に感じていることや気になっていることは早いうちに聞いておいた方が良いということです。キャバクラと言えば少し特殊ですが、バイトを通してお相手の方とコミュニケーションをする方法や人同士の距離感を知ることができ、人間として深みが出たように感じました。そのため、実際に同級生達からも尚更魅力的になったと言ってもらえるようになりました。