SEO対策!Googleのアルゴリズムアップデートについて

Home / SEO対策!Googleのアルゴリズムアップデートについて

最も有名な検索エンジンはGoogleであり、上位に表示されるサイトはアルゴリズム(プログラム)にて決定しております。Google検索で上位に表示されるには、アルゴリズムの仕組みやアップデートの内容を理解しておく必要があります。今回はGoogleのアルゴリズムとそのアップデートについて説明していきたいと思います。

Googleのアルゴリズムとは

Google検索において、サイトの掲載順を決めるものとなります。Googleは検索におけるサイトの掲載順をサイト毎の評価で決めており、この評価基準はかなり数多くの項目が存在します。インターネット上に数えきれないほどあるサイトを適正に判断するために、Googleは独自の評価システムにより、サイトの評価を決めています。

Googleアルゴリズムのアップデート

Googleは直近3年間で、アルゴリズムを8回ほどアップデートしており、掲載されるサイトの適正化に努めております。

ベニスアップデート

ユーザーが検索した場所によって、違う結果が表示されるアルゴリズム。これは検索したエリアに関係するサイトが検索結果に表示されることになります。Google側がユーザーの検索意図を考慮して、必要な情報を提供するようになっております。

パンダアップデート

他サイトからの転用やわずかなリライトなど独自性が低いサイトは評価が下がるといった、サイトの品質を評価するものとなります。その反面、独自性が高いサイトは評価が上がるようになっています。

ペンギンアップデート4.0

これはリンクとウェブスパムを取り締まるアップデートになっており、リアルタイムで実行されています。

RankBrain

これは人工知能が組み込まれており、口語的な質問を処理することが可能となります。

クオリティアップデート

これはページ毎ではなく、対象のサイト全てに適用され、より品質の高いサイトを作ることが必要となります。

モバイルフレンドリーアップデート

これは「スマホ対応していないサイトの評価が下がる」仕様であり、スマホ対応のサイト普及に影響を与えております。

インタースティシャル広告アップデート

これはページにアクセスした際、広告がページ全体を覆うような広告ありきのページが対象となります。Googleは「ユーザーを見る」ことに注力しているため、今後はこのようなアップデートでは強化される傾向にあるみたいです。

日本語検索アップデート

これは日本語検索が対象のアップデートであり、根拠の薄い内容やテキストコンテンツが少ないサイトが対象となっております。

まとめ

Googleはアルゴリズムを用いて、SEOを厳正に最適化しております。インターネット上におけるサイトはこの瞬間もどんどん生まれており、一つ一つのサイトをチェックするには膨大な時間が必要になってしまいます。Googleは独自のアルゴリズムを用いながら、アップデートを行なうことで、膨大なサイトをチェックしています。

SEOの基本は信憑性が高く、オリジナル性があるサイトを作ることが必要です。Googleのアップデートを考慮しながら、より良いサイト制作に繋げることが重要になるでしょう。

By

About Author

about author