SEO初心者必見!サイトの見やすさとSEOについてわかりやすく解説

Home / SEO初心者必見!サイトの見やすさとSEOについてわかりやすく解説

SEO対策において、信憑性が高く、品質が高い情報を提供することは重要です。同じようなサイトがある中で、数多くのネットユーザーに自社のサイトを閲覧してもらうのは至難の業だといえます。類似する情報が出回るインターネット上で、どのようにすれば自社のサイトに誘導できるのか。今回は自社のサイトの見やすさとSEOの関係性について説明していきたいと思います。

SEO施策におけるサイトの見やすさ

SEO対策において、検索エンジン上位に表示されるようにするために、自社のサイトを閲覧しやすいものにする必要があります。WEBサイトを制作する上で、見出しのサイズやフォントの大きさなど統制されたルールに従うことにより、サイトの見やすさに繋がります。SEO対策では各ページでの見出し部分にどのようなキーワードを載せるかも重要です。

見出しを有効活用する(h1タグ~h3タグなど)

サイトのタイトルと大見出しの文言を合わせることにより、閲覧者に情報が伝わりやすい仕様にすることが重要です。ページを開いたらすぐに大見出し(h1タグ)が表示されるようにすることで、どのような情報を提供しようとしているサイトなのかを認識させます。中見出し(h2タグ)、小見出し(h3タグ)に関連するキーワードを合わせて使用することにより、統制されたWEBデザインとなり見やすいサイトになります。各見出しに表示させたいキーワード、それに関連するキーワードを使用することにより、検索エンジン上位に表示されるSEO対策に繋げることが可能になります。

フォントを調整する

サイトを制作する上で、閲覧者に見やすい字体にフォントを調整することも重要です。サイト内でフォントがバラバラであると、閲覧する側に不快感を与えてしまうので、フォントを統一することは最も必要となります。
特におすすめしたいフォントは「メイリオ」です。メイリオフォントはWEBフォントにおいて、最もオーソドックスであり常用されているフォントだといえます。ブログ記事やまとめサイトでよく使われているフォントはメイリオであり、Windowsの標準テキストとしても設定されています。メイリオフォントは紙面や画面でも見やすく、万能なフォントだといえるでしょう。

まとめ

SEO対策において、WEBデザインを統一化して、見やすいサイトにすることは非常に重要です。サイト閲覧者が必要とする情報を提供しやすいように、フォントを見出しを活用し、フォントを調整することは必須となります。重要な部分を太字にしたり、文字色を変えることにより、閲覧する側が必要な情報を得やすい工夫はSEO対策にも繋がります。サイト閲覧者がいかにストレスなく、必要な情報を得やすいサイトにするかが重要だといえます。

By

About Author

about author