Googleのアップデートの歴史について解説

Home / Googleのアップデートの歴史について解説

Googleのアップデートの歴史について解説

| General | コメントはまだありません

Googleといえば世界最大の検索エンジンとして多くの人に親しまれています。

実はGoogleの創業は1996年とまだ23年の歴史しかないのです。

たったこれだけの年数で、これだけの規模になったGoogleの進歩はすさまじいスピード感です。

ここではGoogleのアップデートの歴史についてまとめてみましょう。

SEOに大きな影響を及ぼし続けるGoogleのアップデート

GoogleのSEOアップデートの歴史は2000年から始まります。

検索サービスをスタートさせたGoogleでは、2010年にインデックスシステムであるカフェインを導入しました。

Googleでは、webページをクローリングし、インデキシングすることによって、検索された結果を表示していきます。

この検索スピードを速めるためには、インデックスシステムの再構築が必要不可欠です。

さらに2011年には、フレッシュネスアップデートというものを導入しています。

これはフレッシュでタイムリーなコンテンツがより上位に表示させるようにしたアップデートになります。

アップデートの歴史は続く

フレッシュネスアップデートの後も、様々なアップデートを導入しています。まとめてみましょう。

・ペンギンアップデート

スパム行為を撲滅するためのSEOアップデート。違反サイトは順位を下げるように措置してある。

・パンダアップデート

コンテンツ品質が悪いサイトの評価を下げる。高品質のサイトのみが検索上位にあがる。

・ペイデイローンアップデート

スパムの多いキーワードに対してヒットし、スパム行為を行っているサイトを削除する。

これ以外にもたくさんのSEOアップデートを繰り返しています。

大がかりなアップデートを頻繁に行うGoogle

Googleでは検索エンジンアップデートを頻繁に行っています。

大がかりなもの以外にも、細かい修正に関しては毎日のように行われているんです。

世界中の情報を整理して、世界中の人がアクセスしやすいようにすることを目的としています。

SEOを意識しているサイトにおいては、Googleのアップデートの更新に影響されないサイト作りが必須となるでしょう。

現在のGoogleアップデート

Googleでは2019年9月24日からコアアルゴリズムアップデートによる順位変動が起きています。

コアアルゴリズムアップデートに関しては、2019年3月と6月にも実施されており、非常に大規模なアップデートです。

この影響を受けて大きな順位変動が起きています。

まとめ

Googleでは世界一の検索サイトとして、良質な情報をユーザーに届けたいと考えています。

そのため、頻繁にアップデートを行い、そのたびに検索順位に影響を及ぼすのです。

SEO対策するためには、ユーザーが求める情報、情報量、手に入れやすさ、正確性、独自性をよく考慮しながら、良質なサイト作成を行う

必要があるでしょう。

By

About Author

about author