カテゴリー: General

Home / カテゴリー: General

最も有名な検索エンジンはGoogleであり、上位に表示されるサイトはアルゴリズム(プログラム)にて決定しております。Google検索で上位に表示されるには、アルゴリズムの仕組みやアップデートの内容を理解しておく必要があります。今回はGoogleのアルゴリズムとそのアップデートについて説明していきたいと思います。

Googleのアルゴリズムとは

Google検索において、サイトの掲載順を決めるものとなります。Googleは検索におけるサイトの掲載順をサイト毎の評価で決めており、この評価基準はかなり数多くの項目が存在します。インターネット上に数えきれないほどあるサイトを適正に判断するために、Googleは独自の評価システムにより、サイトの評価を決めています。

Googleアルゴリズムのアップデート

Googleは直近3年間で、アルゴリズムを8回ほどアップデートしており、掲載されるサイトの適正化に努めております。

ベニスアップデート

ユーザーが検索した場所によって、違う結果が表示されるアルゴリズム。これは検索したエリアに関係するサイトが検索結果に表示されることになります。Google側がユーザーの検索意図を考慮して、必要な情報を提供するようになっております。

パンダアップデート

他サイトからの転用やわずかなリライトなど独自性が低いサイトは評価が下がるといった、サイトの品質を評価するものとなります。その反面、独自性が高いサイトは評価が上がるようになっています。

ペンギンアップデート4.0

これはリンクとウェブスパムを取り締まるアップデートになっており、リアルタイムで実行されています。

RankBrain

これは人工知能が組み込まれており、口語的な質問を処理することが可能となります。

クオリティアップデート

これはページ毎ではなく、対象のサイト全てに適用され、より品質の高いサイトを作ることが必要となります。

モバイルフレンドリーアップデート

これは「スマホ対応していないサイトの評価が下がる」仕様であり、スマホ対応のサイト普及に影響を与えております。

インタースティシャル広告アップデート

これはページにアクセスした際、広告がページ全体を覆うような広告ありきのページが対象となります。Googleは「ユーザーを見る」ことに注力しているため、今後はこのようなアップデートでは強化される傾向にあるみたいです。

日本語検索アップデート

これは日本語検索が対象のアップデートであり、根拠の薄い内容やテキストコンテンツが少ないサイトが対象となっております。

まとめ

Googleはアルゴリズムを用いて、SEOを厳正に最適化しております。インターネット上におけるサイトはこの瞬間もどんどん生まれており、一つ一つのサイトをチェックするには膨大な時間が必要になってしまいます。Googleは独自のアルゴリズムを用いながら、アップデートを行なうことで、膨大なサイトをチェックしています。

SEOの基本は信憑性が高く、オリジナル性があるサイトを作ることが必要です。Googleのアップデートを考慮しながら、より良いサイト制作に繋げることが重要になるでしょう。

By

SEO対策はサイト制作において基本的な手法であり、効果的な言語の選択により、検索エンジンで検索される結果は変わってきます。また日本語には数多くの類義語があり、検索エンジンでの検索言語において、類似する言語を同一のものとして認識させる必要があります。SEOは企業においても、自社のことを多くの人に認知してもらうために。とても重要なものとなります。今回はSEOにおける効果的な言語選びや類義語の取り扱いについて説明していきたいと思います。

SEO施策における効果的な言語

自社サイトのページ内に検索エンジン上位に特定の言語を意識的に挿入することにより、SEO施策に有効となる言語を選んでいきます。検索エンジンの上位に特定の言語を意識的に使用することにより、検索エンジンがその言語をページ内で重要な言語だと認識するようになります。

しかし、過度に特定の言語を使用するのは注意が必要です。過度な使用はサイト閲覧者に不快感を与えるだけでなく、スパムだと認識されてしまう可能性があります。過度に特定の言語を使用するだけでなく、構造全体がテーマに沿っているかを考えないといけません。サイト内において、自然な流れで特定の言語を挿入することが、SEO施策において効果的だといえます。特定の言語だけでなく、それに関連する内容を付加することにより、利用者から閲覧されやすくするサイト作りが必要だといえます。

類義語の統一化によるSEO施策

サイト内の類義語を統一化することによりSEO対策を図ります。日本語には数多くの類似する言語が存在しており、検索エンジンでは類似言語が全く別の言語だと認識されることもあります。サイト内の言語は統一して使用することにより、サイト内の言語の出現率を引き上げることにより、検索エンジンでの上位表示に有効です。

検索エンジン上位に表示させたい言語を選定したら、類似する言語を同一のものに直します。選定する言語は一般的によく使用されている言語にすることにより、効果的なものとなるでしょう。サイトを作っていく上で、意味が近しい言語を多用することにより、様々な利用者から閲覧してもらいやすくする方法もあります。

まとめ

SEO対策において表示させたい言語を選定することになり、どのようにサイト内に挿入するかが重要となります。類似する言語が乱雑すると、文章全体の構成もわかりにくいものになるので、表示させたい言語に統一化させることも重要です。また特定の言語に関連する内容を載せることにより、検索しやすくする工夫も必要です。他人がサイトを閲覧した際、読み手に不快感を与えないような内容にすることが重要だといえるでしょう。

By

インターネットの普及により、GoogleやYahoo!のような検索エンジンは欠かせないものになりました。

ネット上には数多くのサイトが存在しており、いかに自社サイトが不特定多数の方に閲覧してもらうかが重要だといえます。不特定多数の方にサイトを閲覧してもらうことにより、検索エンジン上位に表示されるようになります。このような対策をSEOといいます。今回はSEOが何なのかわかりやすく説明していきます。

SEOとは

SEOとはSearch Engine Optimizationの略語であり、検索エンジン最適化を意味しています。

多くの人に自社のサイトを閲覧してもらうことにより、サイトとしての成果向上を目的とする施策のことです。

特定のキーワードの検索において、表示される検索結果が上位になるようにするためには数多くの方法があります。SEOにおいて、最も大きな特徴は広告と異なることです。SEOは広告と違い、費用がかからないので、企業が打ち出すサイトにおいて必須だといえます。

キーワードの選択とその評価

検索エンジンで無作為な単語で検索されても、検索結果を優位にすることは不可能です。特定のキーワードで検索する人を自社のサイトに誘導するかを絞り込む必要があります。自社のサイトに関連する検索キーワードの選択において、最も重要なのは検索する人数がどれぐらいいるのか(検索ボリューム)ということです。

検索ボリュームを判断するには、キーワード広告のツールやキーワードハンターのツールを利用する必要があります。キーワードの選択は検索ボリュームを照らし合わせながら、様々なキーワードを組み合わせることが重要となります。

ページ要因

どんな内容のサイト・ページを作るか、ページのHTMLの構成を検討する内容で最適化を図ります。

サイト内要因

サイト全体の題材を何にするのか、どのドメインでサイトを運営するのかといった内容で最適化を図ります。サイト内の情報構造の構築において、サイト内のリンクにどのようなものを貼り付けるのかといった取り組みとなります。

サイト外要因

他のサイトに協力してもらい、自社のサイトをリンク先として閲覧できるように貼り付けてもらう取り組みです。

まとめ

SEOはサイトが不特定多数の方に閲覧してもらう上で重要な手法となります。いかにサイトが上位に表示されるのかを考える必要があるので、SEOはとても重要なものだといえます。サイトの題材が何かを踏まえた上で、より良いサイト作りに努めていくことが重要なのです。企業において、SEOを理解し、実践することはビジネスの成長にも繋がります。SEOでの経験を通じて、多くのことを学び、より多くの人が楽しめるサイトを作っていきましょう。

By

SEO対策を行ない、自社のサイトをより多くの人に閲覧してもらう方法を理解していないと、より良いサイト制作に努めることはできません。SEO対策を行なう上で、基本的な方法を把握することで、検索エンジン上位に表示されやすくなることも可能です。今回はSEO対策において、基本的な方法がどのようなものか説明していきたいと思います。

SEO施策において検索エンジン上位に表示される方法

SEO施策において、多くの人にサイトを閲覧してもらうようにするために様々な工夫をする必要があります。
それは「サイトの信頼性」、「ユーザーのストレスを低減させる」、「ユーザーがどのような考えで検索するか」の3つをサイト内に盛り込むことです。サイト制作において、この3つの事象をサイト内に盛り込むことにより、多くの人にサイトを閲覧してもらうことが可能になります。

サイトの信頼性を高める

サイトの信頼性を高めるには「E/A/T」を意識する必要があります。「E/A/T」とはサイト内におけるコンテンツの「専門性/評判/質」を意味しており、これらを高めることにより信頼できるサイト制作に繋がります。「E/A/T」の向上を図るには、信頼性の高い情報元のソースを引用したり、その実態を明記することが必要となります。より良いサイトを作るために独自性を盛り込んだり、関連性の高いものを導入するといった工夫が必要になります。サイトを長期間運営して、定期的な更新を行なうといった取り組みも必要になるでしょう。

サイトのユーザビリティを良くする

ユーザビリティが良いサイトにするには、サイトの使いやすさ・読みやすさが重要になります。サイトを閲覧する側がストレスを感じることなく、サクサクと見やすいページを作ることが大切です。ユーザビリティを良くするには、貼り付けてるリンク先のリンク切れを無くし、簡潔なURL名にするといった工夫が必要になります。またスマホ対応にしたり、ページの表示速度を速くするといったストレスを感じにくくすることも重要な施策となります。

ユーザーの検索意図を盛り込む

ユーザーのどのような考えを持って検索するかを考慮したサイトにするには、ユーザーにとって必要な情報を入手しやすくすることが重要です。ユーザーがもとめる情報を提供し、その情報を簡単に入手できるような取り組みをすることがSEO対策に繋がります。ユーザーの要望に応えるために、ユーザーに必要な情報を載せるためには、他のサイトを参考する必要もあります。ユーザーの検索意図を考えた上で、その情報を細分化していくことで、必要な方法が濃縮されるものとなります。

まとめ

多くの人に閲覧されるサイトを作るには品質が高く、信憑性が高い情報を載せることが最も重要だといえます。閲覧する側の気持ちになって、どうすれば自社のサイトを検索し、閲覧してくれるかを考えることがより良いサイト作りにおける近道だといえるでしょう。

By

SEO対策において、信憑性が高く、品質が高い情報を提供することは重要です。同じようなサイトがある中で、数多くのネットユーザーに自社のサイトを閲覧してもらうのは至難の業だといえます。類似する情報が出回るインターネット上で、どのようにすれば自社のサイトに誘導できるのか。今回は自社のサイトの見やすさとSEOの関係性について説明していきたいと思います。

SEO施策におけるサイトの見やすさ

SEO対策において、検索エンジン上位に表示されるようにするために、自社のサイトを閲覧しやすいものにする必要があります。WEBサイトを制作する上で、見出しのサイズやフォントの大きさなど統制されたルールに従うことにより、サイトの見やすさに繋がります。SEO対策では各ページでの見出し部分にどのようなキーワードを載せるかも重要です。

見出しを有効活用する(h1タグ~h3タグなど)

サイトのタイトルと大見出しの文言を合わせることにより、閲覧者に情報が伝わりやすい仕様にすることが重要です。ページを開いたらすぐに大見出し(h1タグ)が表示されるようにすることで、どのような情報を提供しようとしているサイトなのかを認識させます。中見出し(h2タグ)、小見出し(h3タグ)に関連するキーワードを合わせて使用することにより、統制されたWEBデザインとなり見やすいサイトになります。各見出しに表示させたいキーワード、それに関連するキーワードを使用することにより、検索エンジン上位に表示されるSEO対策に繋げることが可能になります。

フォントを調整する

サイトを制作する上で、閲覧者に見やすい字体にフォントを調整することも重要です。サイト内でフォントがバラバラであると、閲覧する側に不快感を与えてしまうので、フォントを統一することは最も必要となります。
特におすすめしたいフォントは「メイリオ」です。メイリオフォントはWEBフォントにおいて、最もオーソドックスであり常用されているフォントだといえます。ブログ記事やまとめサイトでよく使われているフォントはメイリオであり、Windowsの標準テキストとしても設定されています。メイリオフォントは紙面や画面でも見やすく、万能なフォントだといえるでしょう。

まとめ

SEO対策において、WEBデザインを統一化して、見やすいサイトにすることは非常に重要です。サイト閲覧者が必要とする情報を提供しやすいように、フォントを見出しを活用し、フォントを調整することは必須となります。重要な部分を太字にしたり、文字色を変えることにより、閲覧する側が必要な情報を得やすい工夫はSEO対策にも繋がります。サイト閲覧者がいかにストレスなく、必要な情報を得やすいサイトにするかが重要だといえます。

By